2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.07.27 (Tue)

今日こそ真面目にゼオ・ビット

ベルリンシステムにおける「ZEOspur2」の使用に関して・・・・。

飼育水中に存在するビブリオ等「常在菌」に対しSPSは褐虫藻および共生細菌の抗生物質によって免疫力を保っている(と私は理解していました)。
もしそうであるならば、ZEOspur2を使用し褐虫藻および共生細菌に影響を与えた場合、SPSの感染症に対するリスクは増すのではないでしょうか??

ここに「ZEOspur2」をベルリンシステムで使用してはいけない理由があるように思っているのですが・・・。
(褐虫藻による光合成エネルギーの供給やSPSの捕食化への移行等は「ZEOvitシステムでしか使用してはならない」の理由になり得ないと考えています)

私の考える
「ベルリンシステムでZEOspur2を使用するリスク」
は以下の通りです。

ZEOvitシステムは殺菌設備を推奨していません。
しかしながら低KHやバクテリアの定期的な添加等
「殺菌設備に依存せず、システム全体としてSPSの感染症を防止している」
印象を受けます。
有害な細菌濃度上昇を抑制する環境と申しましょうか・・・。
もしかすると添加材の中にそれらに関する何らかの工夫が為されているのかもしれません。

一方、システム自体が多様化していまっているベルリンにおいてはキーパーにより様々な飼育環境が存在します。

・殺菌設備を使用していない
・高KHにて維持している
・長期間バクテリアの添加等を行わず(SPSにとって)有害菌優位な環境になっている、もしくは細菌濃度が高くなってしまっている


例えば上記のような環境においてZEOspur2でSPSの褐虫藻および共生細菌に影響を与えることは、それらによって免疫力を保っているSPSにとって感染症のリスクを増すことにはならないでしょうか??

もちろんベルリンシステムにて「ZEOspur2」を使用し、問題が発生しなかった事例は多数把握しております。
何より我が家でもベルリンシステムにて「ZEOspur2」を使用しており、現在までには問題は発生しておりません。
ただ、「ベルリンシステムにて使用可」としてしまうにはその多様性から感染症のリスクを考えると少々の危険を感じます。

・・・・と思っていたのですが、
「そんなことはない」
と最近教えてもらった。。。。
やっぱり大丈夫みたいね^_^;
おわり。
19:50  |  Zeovit  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

*Comment

ども~
色々考えていらっしゃいますね~。頭がさがります。
ZEOspur2は、パッケージの表示にも「 Recommended in any tank system」って書いてありますので、どのシステムでも使用できそうですね。
それに対して、ZEOvit Sea Water Complexっていう製品は、「ZOEvitのBasic4との併用はだめ」と書いてあります。因みにSea Water Complexは各種トレースエレメントがはいった添加剤です。
日本で未発売?のZEOvit添加剤はいくつかあります。いずれ入ってくると思いますが。
TAKA |  2010.07.28(水) 00:25 |  URL |  【コメント編集】

TAKA さん ♪♪
「 Recommended in any tank system」って書いてあるんですか!?
って英語全然わかりません(ToT)/~~~

今回のエントリーは前半に私の誤認がありまして、文章全体が誤認にもとづく仮説となっております^_^;←じゃ、書くな!!
TAKAさんは2008年前半あたりに「ZEOspur2」を使用したとのことなので、2年以上遅れてますね(@_@;)
「ZEOvit Sea Water Complex」興味あります~(^◇^)
KZ社には是非ともSPSのトレースエレメントを少数の添加剤に纏めてほしいものです(笑)
yasu |  2010.07.28(水) 04:25 |  URL |  【コメント編集】

ども。
「 Recommended in any tank system」⇒「どのシステムの水槽にも推奨」ってところでしょうか。
私はSpur2には苦い経験しかありません。何故か添加後数日で藻が蔓延。しかも飼育していたSPSには何の効果もなし。。。ちなみにとんでもなく安物パッケージでした。今のパッケージはかっこいいですものね。
足りないものを個別に補うことをモットーとしてそうなので、添加剤の種類はすくなくなりそうに無いですね。でも、Xtraとかは複数のトレースエレメントが入ってそうですよね。
TAKA |  2010.07.28(水) 09:45 |  URL |  【コメント編集】

TAKA さん ♪♪

TAKAさんでも苦い経験しかないとは、コントロールが難しい添加剤なんでしょうね^_^;
我が家ではホント、被った埃(褐虫藻)をフッと吹き払うようにオドオドしながら極少量使用しています。
間をあけて規定量(上限)の40%くらい。。。
それなりに効果があります(良くも悪くも)
ただ、効かない奴はビクともしません(=_=)

>足りないものを個別に補うことをモットーとしてそうなので
ここがホントに難しいところだと思います(@_@;)
何が足りないのか考えると私の頭ではコンガラガリます((+_+))
色々考えると楽しいですけどね(^。^)
yasu |  2010.07.29(木) 00:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://coral602.blog48.fc2.com/tb.php/80-db2bb084

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。