2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.06.09 (Wed)

リーフタンクで調子に乗って冷凍餌を撒きすぎると後で後悔する!!

リーフタンクのカルシウムリアクターを改良しました。
ちなみにメインタンクはZeoではなくベルリンでまわしてます。

まず・・・・。

●バブルカウンターの変更。
DSC00735.jpg
以前のは気泡が小さすぎて調整が困難でした。
すこし大きな泡がでるタイプにチェンジ!!
ちなみにこのパーツ300円。
無理言って某メーカーの人に販売してもらいました。
通常はカウンターのみの販売はしていないようです^_^;

●1/4インチチューブフィッティングを6㎜チューブフィッティングへ。
DSC00736.jpg
今まではフィッティングに1/4インチチューブ用フィッティングを使用していました。
しかしCo2関連パーツはそのほとんどが6㎜チューブを使用しています。
今後の拡張性(リアクター 2台目、3台目)を考え、『異径ストレートユニオン(6mm-1/4インチ)』で6㎜に統一しました。

全体像はこんな感じ。
DSC00734.jpg
う~ん、作りが荒い(笑)

ちなみにリーフタンクの比重ですが、CaやMg等必須元素の値をキープするためやや高めの『1.025』に調整しています。
KHは以前は流行り??の8あたりに調整していましたが、現在は11辺りで調整しています。


以下はちょっとヤヤコシイ話(@_@;)

このKH
無機炭素を測定しているとのことですが、測定キットでは有機も拾ってしまってると教えてもらいました。
で、この炭素(有機)の限界濃度が純分で1ppmとのこと。
これを超えると長期的にみてリスク(サンゴが下から剥げる)があるそうです。
そして冷凍餌なんかを撒くとそれだけで1ppmは超えてしまうとのこと。

馬鹿な私は少し前に『餌付け』をこのリーフタンクで行っておりまして・・・^_^;
冷凍餌なんかも撒きまくり。
多分大丈夫だろうと・・・。

1ppmは超え続けていたと思うのですが、SPSはいたって快調。

学ぶのと実際にやるのとでは、違いがあるもんだなぁ~と思いつつ過ごしていると・・・・
剥げてきました!!
DSC00728.jpg
根元から。
まさに教科書通り(@_@;)

このSPSの剥げが炭素によるものかどうかは確認していませんが、(確認もできないし・・・)
リーフタンクで調子にのって魚の餌付けを行うとロクなことにならないってハナシ(T_T)/~~~

【教訓】
限界濃度は純分で炭素濃度1ppmまで!!
・・・じゃ解りにくいので
調子に乗って冷凍餌を撒きすぎると後で後悔する!!
01:07  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

冷凍エサ蒔かなくなったから安定してる・・・の?  あるかも。

でも、かなりややこしいね^^
Tank |  2010.06.09(水) 21:52 |  URL |  【コメント編集】

どちらかと言うと、冷凍エサを撒いてたダメージが今きてるような感じです
(@_@;)
ヤヤコシイ話ですが色んな人に教えて頂いて、だいぶ賢くなりました・・・かな!?
こんな話が大好きなのですが、ブログで書くと面白くないですよね((+_+))
yasu |  2010.06.10(木) 02:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://coral602.blog48.fc2.com/tb.php/56-d78fa10e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。