2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.11.11 (Thu)

復活!!硝酸塩還元筒!!!

魚水槽に硝酸塩の還元筒を設置しました。

魚を状態良く飼育し、また色揚げしていく為には硝酸塩濃度ってどうなの??
やっぱり低レベルでキープするほうが良いのかしら??
よくわかりませんが、なんだか高いより低いほうが良いような気がします。
だもんで設置。

もちろんエサを始めその他要因も魚の色揚げや状態に大きく影響するでしょうが今回は硝酸塩のみにフォーカス。
なぜなら硝酸塩を低くキープして水換えのスパンを長く・・・・すべては愛魚の為。「愛ゆえに・・・」です。

還元筒は以前に設置したことあるし、パーツが余ってたのでチャチャチャ~と適当に・・・愛情込めて作成。
DSC02107.jpg

さっそく設置&排水の水質チェックすると・・・・・高濃度亜硝酸地獄!!!

飼育水の硝酸塩濃度が高すぎたようです^_^;
2~3日頑張って頑張って水換え。
その間も還元筒は撤去せず。
還元筒は亜硝酸を吐き出し続けます。←愛のムチ
飼育水の亜硝酸濃度を警戒しつつ魚の状態を観察しつつ辛抱強く排水の調整。
約1週間、いよいよ還元筒の排水の硝酸塩濃度が試薬レベルでゼロになりました。

DSC02105.jpg
左が飼育水。右が還元筒からの排水。それぞれ硝酸塩。

その他の水質も念の為チェック
PH⇒8.1
亜硝酸(排水)⇒0
硝酸(排水)⇒0
硫黄臭(排水)⇒無し
ORP(飼育水)⇒約300
KAU(血圧上)⇒125

うん、まずまず。
問題無さそう。
何より最近減塩フードで頑張ってるので高血圧がマシになったのが嬉しい。
硝酸塩が無くなったのは、その次に嬉しい。

これで水かえのスパンを長く・・・・良い状態で魚を飼えればいいなぁ。

魚水槽全景
ハナダイの混泳も落ち着いて来て、まぁ上手くいってます。
現在3種。
DSC02112.jpg

ローンボイドペア・・・というか両方オスに見える(@_@;) 
ホモーン・ボイド!?
DSC02139.jpg

【教訓】
この方法での低栄養塩化はミドリイシの飼育には向かない。
なんでかはわからないが昔なんどやっても上手くいかなかったので、もうやらない。

スポンサーサイト
00:11  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。