2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.09.23 (Thu)

名古屋は凄いね。ビックリしたよ。その壱

先週の連休に名古屋遠征へ行ってまいりました。
かねてより楽しみで楽しみで楽しみすぎて2回くらい吐いたのですがついに実現(^。^)

朝の7時にケントパパさんに迎えに来て頂きました。
車内には既にダニさんどんちゃんさんが。

そこから渋滞につかまりながらもケントパパさんの運転で一路岐阜へ。
お疲れ様でした\(◎o◎)/!

まずはVIEWに到着。
IMG_0574.jpg
軽く店内を見渡したところで、関東の皆さんとAPNで落ち合うとのことなので移動。


関東組みは 某wさん、ごる氏、どうしたさん。
APNにて合流(^◇^)
IMG_0575.jpg
APNは店内も綺麗で魚水槽も見やすかったです。
良い感じのスギノキが印象的でした。

昼食は『ひつまぶし』を食べさせてくれる『蓬扇』さんへ。
IMG_0576.jpg
普段D級グルメばかり食している私が言うのもなんですが美味かった。
始めてで食べ方がよくわからなかったのでとりあえず適当にバクバク。
次はちゃんと食べよう。


昼食後はマリンメイトへ。
IMG_0577.jpg
ここが凄い。ほんと凄かった。。。
「なんちゅー色しとんねん!!」と一個体ごとに突っ込んでやろうかと思った。
やめておいた。

900の水槽を魚水槽にしちゃった事を少し後悔しましたよ(T_T)/~~~
ZEO水槽はパンパンだし。。。
欲しいけど買えないや(=_=)

皆さんも水槽に顔面が浸るんじゃないかと心配になるくらい食い入るように選んでました(笑)
是非にまた行きたいショップです。

つづく!?
00:36  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑

2010.09.19 (Sun)

子供には真実を伝えたいと思うわけです。

まだ喋れもしない我が息子に絵本「3匹の子豚」を読んであげました。
f60b33c4.jpg
細かな解説は省きますが、物語のエンディングが「子豚はオオカミさんを飼う」と締めくくられているのです。

はて!? 私が昔読んだ三匹の豚野郎は、そんなピースフルなオチではなく、
暖炉の火でボーボーと燃え上がるウルフの咆哮が目に優しくないイラストで終わっていたハズ…。

そのあまりに衝撃的なラストシーンが幼き日のトラウマとなり今でもしっかりと私の記憶に刻み込まれているのに。
どこで記憶のネジれが発生したのか…。

しばし考えてみましたがやはり
「捏造だ!サギだ!!時代に合わせたアレンジメントをしたに違いない!!」
という結論に至りました。

そこで我が子に真実を伝えるべく、さっそくコンピューターを駆使して真のエンディングを調査しました。

すると、火炙りどころか「狼は煙突から忍び込もうとするが、子豚が用意した煮えたぎる鍋一杯の熱湯に飛び込んでしまう。
釜茹でにされ死んだ狼を子豚は料理すると、そのまま食べてしまう。(Wikipediaより抜粋)」とあるのです。

ウルフのダシをとった贅沢スープ・・・・。
いくら何でもこれは言えない (完)


さて、ヒビ割れて入れ替えた水槽ですが魚水槽として復活を遂げました。
今はハナダイとベラを中心に飼ってます。
DSC01661.jpg

シャイなオオテンハナゴイ(Pseudanthias smithvanizi)×7も前面に出てくるようになって粒餌もパクパク食べてくれます。
DSC01695.jpg

フチドリハナダイ(Pseudanthias randalli)×5はLED照明のおかげか、とりあえず色落ちせずにいてくれています。
DSC01697.jpg

あまり魚の飼育は上手じゃない私がハナダイの混泳・・・・。
日一日と数が減っていくことのないように、出来る限り長期飼育できるように頑張ってみます(^^)v
00:01  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑

2010.09.17 (Fri)

デープでマニアな世界 ~ベラとロボット~

新たな人型ロボット「HRP-4」が15日に公開されましたね。
CI0003.jpg
非常にスリムでカッコいいです。

これはこれで良いと思うのですが、健康な男子諸君の興味を引き付けて離さないのはやはり若い女性そっくりの外観が話題となっている、ヒュ-マノイドロボHRP-4Cちゃんでしょう。
snap1196.jpg

産業技術総合研究所が2億円という開発費をつぎ込んで生み出し、身長158cm体重はバッテリー込みで43kg。
デパートで「歩くマネキン」としての利用も考えられるのだという。
ぜひ拝見したいものですね。

リアルな動きのロボを追求するだけなら、ASIMOで十分ですが、
わざわざ若い女性をモデルに開発するのです。
「ほほん…ついにそういう時代が到来しましたか…」
と考えるのがグローバル・スタンダートでしょう。
開発費2億円も頷けます。
つまりまとめると、この世は金だということです。(完)


さて、マリンアクアリストが発売されましたね。
今回は「きれいなベラ図鑑」。
DSC01719.jpg

熱心なBBP/S読者(いない)の記憶には真新しいと思いますが、私としてはタイムリーすぎるタイトルです。
ここ参照
これは是非とも購入して「ベラベラしてるベラ」と「ベラベラしていないベラ」の違いを解き明かさねばなりません。

ということでマリアク片手に発言者であるショップ店員さんに聞いてきました。
店員さん曰く、

・ベラベラしてるベラ
 ノドグロベラやキュウセン・ブダイ等。

・ベラベラしてないベラ
 ソメワケベラやイトヒキベラ・クジャクベラ等。

・・・・わかりますね。
質問は後日まとめて受け付けます。

我が家の水槽でも既に
クジャクベラ(Paracheilinus carpenteri)
DSC01682.jpg

マッコスカーズラス(paracheilinus mccoskeri)
DSC01704.jpg
が泳いでいます。

つまり知らぬ内に「ベラベラしていないベラ」を飼育していたわけですね。

ちなみに「ベラベラしてるベラ」が既に水槽にいる人はディープでマニアでオカルトな世界に足を踏み入れてしまっているので注意が必要です。
04:57  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。