2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.08.22 (Sun)

病魚の治療に今年の暑さは酷すぎる

DSC01452.jpg
私がブログを始めたキッカケは昨年末に水槽が崩壊しまして、生体が全滅しまして。。。
「1人じゃやってらんね~」
って事で色んな人達と交流を持つべくブログ書き始めました。

その崩壊した時の症状が、まぁ魚病なんですが何と申しましょうか
「ウーディニウム・ビブリオ的内出血」
といった具合の症状です。
原因は新入海魚による病気の持ち込みだと思っています。

それからどうにかこうにか飼育下手なりに頑張ってアクアやっておるのですが、
先日またも、それと同じ様な症状が水槽内で大蔓延。
DSC01466.jpg
※写真ではわかり辛いが口元なんかも内出血が酷い。。。

今回もやっぱり持ち込み。。。。
トリートメントって大事だね。

私はこの病気の治療法を知らないので、仕事帰りにショップで店員さんに相談すると。
「内出血はダメですね。内出血が出た魚は捨てます。」
という刺激的なアドバイスを頂戴しました。

聞いた瞬間は彼の決断力と行動力、そしてその素晴らしいメンタルタフネスにハートが震えた。
うん、ハートが震えた。

アナタとはもうこれ以上何も話すことはない。さようなら。

※驚いたけど別に怒っていはない。お店ではやはり色んな大人な事情があるんだろう。

さて、どうしよう。
前回の経験でグリーンFなんかはイマイチ効果が無かったので別の方法で治療中。
治療は主に○○○○等の経口投与。

現状としてはコーレタンが治療開始前に☆に、コリンズは治療完了、たぶん完治。
その他は治療中でございます。


※写真はバケツ治療の風景。CX-60改にて水温維持。水温を一定に保つのが難しい。。。
06:05  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2010.08.14 (Sat)

船に乗るときの心構えを教えて下さい。

まだまだ毎日暑いですね。。。

毎年この時期がくると私の中の「やりたい事ランキング」をスキューバ・ダイビングが急上昇するのだがなかなか実行できないでいる。

※「やりたい」で思いつくことは他にもあるのだが、とてもここでは言えない。

ダイビングをやれない(やらない)理由の大半を占めるのが乗り物です。
実は私には苦手な乗り物が2つ程ありまして、その内の一つが「船」。

船に乗ること想像しただけでもう怖くて怖くて。
あの逃げ場の無いクレイジーな空間。
もし気分が悪くなったらどうするんだ??

泳ぎ自体は苦手じゃないんですよ。
今ではただのブタ野郎ですが、少年時代は自由形の選手でしたし。

きっと前世でのよいトラウマがあるのでしょう。

もう一つの乗れない(乗りたくない)乗り物が、遊園地のモスト・デンジャラス・アトラクションである
「空中ブランコ」
94ecd3afbd663838.jpg

チャチな鎖で繋がれただけの椅子が遠心力でブンブン振り回されるアレである。
これで鎖がちぎれる心配をしない人の方が珍しいだろう。

錆びきった鎖がちぎれ、人の乗った椅子が次々に地上へと落下してゆくシーンには、ナウシカのテーマがお似合いだ。
何にしろ、真っ先にメンテナンスしろと言いたいアトラクションである。

その他、遊園地で思い出すのが、さびれたゲームコーナーに置いてあった
「お相撲さんロボ」。
a0c34638-s.jpg


その不気味な造形から人類とは別種であると容易に想像がつくが、目を見ればおわかりの通り完全にイっているようで、
既に明日を捨てた者だけに許される脅威のパワーの持ち主である。

少年時代の私は五段階のパワー調節から、迷う事無く最高位の“横綱”に挑んだが、抵抗することなく寄り切られ、
思わぬ敗北を喫してしまった。

話が横道にそれてしまったが、
まとめると要するにお盆なので「オレもどっか遊びに行きたいぞ」ってはなし。

※仕事柄盆休みナシ。
19:00  |  雑談  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2010.08.11 (Wed)

過ぎたるは及ばざるが如し ~デス・ロードからの生還~

ZEO水槽で白化が始まるとそれはそれはもう恐ろしいもんです。
m.jpg
私に出来る事と言えば、水槽を背に耳を塞いだまま机の下に潜り、
時間が事を解決してくれるのを待つことくらい・・・・。

毎日毎日ジワジワと白化が進み、その歩みは止まりそうでとまりません。。。。

「こいつは真性Mのオレでも刺激的すぎるぜ!!」

・・・・ってことも言ってられないのでとりあえず原因の仮説を立てて対応しました。
シックス・センスに引っかかるのは「炭素源!!!」。
炭素源の過剰添加がマイ・タンクを崩壊への道(デス・ロード)にいざなっているように思います。

※知らない。ほぼ勘。


そこで炭素源の添加をSTOP!!
これでSANGOが白化していく理由もあるまいて。
ムヒヒ。。。

数日後、奇跡的にも白化は止まりましたよ。
(実は色々やったが割愛)

そして本日白化した部分を除去。

するとどうでしょう。
今まで下がりに下がった飼育テンションがみるみるあがり、
明日からまた元気にアクアしようという気にならないわけでもないわけです。

炭素源と始めて出会った時は、その素晴らしい効能につい感極まってしまったが、
今となっては、ファッ○・ユーと罵りたいくらいだ。

とりあえずは一安心。
何事も経験。

白化騒動も今となってはいいトラウマです。

いつから添加を再開するか考え中・・・・・。

※写真はサンゴに攻撃を加える炭素源のイメージ。
19:00  |  Zeovit  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。