2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2012.12.30 (Sun)

アマモ水槽 LED化

今年もあっと言う間に終わりです。
私の小さなコロは、年末年始といえば、年始のビッグイベント「お年玉」が楽しみでしたね。
今はあげる側なので年末年始とちょっぴり厳しい現実が待ち受けています。
な~に、子供たちの喜ぶ顔を想像すると、固く締まったお財布の紐もブチ切れると言うものですよ。
しかしながら、ポチ袋にお金をいれる際に、今年使ったアクア費用を思い出さないよう注意したいと思います。
罪の意識に苛まれて精神がちょっぴり不安定になりますね。

お年玉といえば、私が中学生のコロ、お年玉を持って電機屋へミニコンポを買いに行ったら、完全に店員が子供だと思って舐めており、やたらと安いAIWAの製品を薦めて来たことが、今も思い出す度に腹立たしくも微笑ましいエピソードです。
私はKENWOODを愛していましたが、あまり店員の感情を逆なでするのも怖かったので、AIWAの良さも理解している事をアピールしつつ、自分のこだわりも説明するという面倒な買い物をしていました。
今なら店員の話など一蹴しますが、それ以前に誰も近づいて来ないですね。

さて、今日は30㎝キューブ(本水槽に連結)アマモ水槽のお話し。
今まではメタハラ150w1灯でしたが、アマモの成長と増殖を確認できたのでフルLED化しました。
ちなみに今までのメタハラ球は岩崎のハイラックスシリーズ。アマモはグングン育っていました。
さすが実績あるメタハラ球といったトコロでしょうか。

今回使用するLEDはこちら。
HARU DESIGNさんのライト☆スタッフ。light01.jpg

1灯40Wなので2つで80W。
このライト☆スタッフは大光量の割に軽く、そして安く、内蔵型ファンまでついているのでお気に入りです。
樹脂製のボディに内蔵型ファンは賛否別れるトコロでしょうが、私は好き。
ファンが止まった時の事なんて考えたくないもの。。。。

照射角80度も全体をくまなく照らせて良い感じ。お色はネイチャーホワイトとクールホワイト。
特にネイチャーホワイト(ウォームホワイト)のスペクトルが育成に力を発揮してくれることを期待しています。しかし、見た目の美しさも考慮して、1灯はクールホワイトにしました。2灯をミックスすると丁度4500Kあたりの色温度くらいですね(オレ調べ)。
肝心のアマモの成長ですが、維持に関しては問題なさそうです。
気泡も活発に出しています。
問題はアマモが増えていくのか、減っていくのか。この辺りはまたレポートしていこうと思います。

たまには真面目なアクアネタでした。
おしまい。
スポンサーサイト
15:39  |  海藻  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2012.12.26 (Wed)

ジングルベルですね。


年に一度のビッグイベント、クリスマス!!
我が家でも世間のビッグウェーブに乗り遅れまいと、ホームパーティを開催することになりました。

嫁曰く食糧はすべてデパ地下で調達するようなのですが、当日のデパ地下はすごい人ゴミ。ゴミだらけです。
とりあえず地下に降りる階段の上から人ゴミを指差し、ムスカごっこを一通り楽しんだ後、いざ食糧の調達へと出撃。
クリスマスだから何でも好きなの買ってくれるというので、迷わず高級国産黒毛和牛を指差しましたが、即却下されたのも今となっては良いトラウマです。
サンタさんありがとう。

その後、買い物にも飽きてきたので、周りの人間観察。
色んな人がいる中、特によそ見をしながら雑踏の中を歩くも、他人と全くぶつからないマダム達の歩行術には感心しましたね。私も早速かの歩行術を体得すべくトレーニングに勤しみました。やはり、流れ行く人を目で見ようとしてはいけません、心で感じねば。
本日、修行中の私とハードクラッシュしたおっさん、メリークリスマス!!

雑踏の中、今やお約束のスマホ見ながら歩いてる餓鬼にも出くわしましたが、もう良いです。というか、今日はメリークリスマスなので不問とします。次にあった時は、すれ違うその刹那、デス・バレー・ボムをお見舞いしてやるぜ!!

あと、和菓子売り場だけ人が異様に少なく、店員のやる気も全く感じれなかったことも報告せねばなるまい。「なぜ、クリスマスなのに私が和菓子を・・・」と言ったところでしょうか。あたりいったいが負のオーラに包まれ、食品売り場の雑踏を見る店員の目は完全に死んでいましたね。「汚らわしい人間どもよ 我が怒りと憎しみを知るがいい……」と、今にも和菓子を投げつけてきそうでした。
そんな雰囲気では、とてもじゃないが購買意欲なんてわかない。

さて、話が長くなってしまったので本日は全景のみ。
all01.jpg
ゴールデンエンゼルがいるので、他魚にビビらないように仕切りをしています。
もう少しライブロックを抜いてレイアウトをスッキリさせたいところ。

紅藻と緑藻でまとめたが、全然クリスマスカラーに見えない。
おしまい。





08:05  |  海藻  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.12.20 (Thu)

藻に悩まされているそこのアナタ

ここ最近、すっかりレンタルビデオ屋に行かなくなっていたのですが、昨日ひさしぶりに近所のTSUTAYAへ行き、エロいDVDなどには目もくれずに普通のDVDを1枚だけ持ってカウンターへ向かいました。

旧作のレンタルは当日or1週間の、いわば"DEATH or DIE"の二者択一のハズですが、微妙にかわいい女性店員さんは私に何の許可もなく、流れ作業のように「1週間ですね」と作業を進めていたのには関心しましたね。
しかしそうはイカンとばかりに「当日でお願いします」と返したこの一連の流れは、なかなか見応えがあったのではないでしょうか。
借りたらさっさと任務を遂行し、速やかに返却、それが私のレンタルビデオSTYLEですね。

さて、懲りずに今回も藻のお話し。
少し前になりますが、NeoWAVEさんより素晴らしい贈り物が届きました。
『Ajgae』という海外で出版されている藻類の書籍です。
algae2.jpg
私が海藻に凝っているのを知ってわざわざ送ってくださいました。
ありがたい話しですね、ありがとうございます(^◇^)

この書籍は海外のものなので、もちろん全ページ英語。
内容は"藻類とそれらの生物学"や"藻類の成長をコントロールする方法"など、藻類が原因の問題を解決する方法、すなわちリーフタンクでも役に立つ情報が満載。
また、ハギやウニ、カニの写真もいっぱいのっているので、生物兵器の情報もこれまた満載!!
この1冊で藻のトラブルからOSARABAできます。

ちなみに私は英語を一文字も読めないので、すべて心眼で読み進めています。

個人的には海草であるアマモは、それ単体で維持するより魚と一緒のほうが良く、その根拠なんて書いてある所がおもしろかったですね。
しつこいようですが、心眼で読みました。

この本のおかげで私の心眼は完全に開ききりましたね。
今なら○○○をも見切れるハズ!!


○○○に入るオチが思いつかないので、今回も適当な感じで終わるとします。
おしまい。






02:11  |  海藻  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。